日勤常勤看護師のお仕事 - 5つの方法で求人情報をゲット!

日勤常勤看護師 → 日勤常勤看護師の転職│求人情報の上手な集め方

日勤常勤看護師の転職│求人情報の上手な集め方

就職氷河期といわれている現代社会ですが、こと看護師となると看護師不足が蔓延しているので売り手市場です。実際に就職活動・転職活動をする場合に、求人情報をどのように集めれば良いのか悩んでしまいます。ここでは、5つの方法を利用して効率的に看護師求人情報を集めることを解説しましょう。
日勤常勤看護師

1番目の方法は<インターネットを利用する>ことです。時間がとれない人はパソコンやスマートフォンを利用して看護師専門の転職サイトを利用するといいでしょう。地元のみならず全国規模で看護師求人を閲覧できます。

自分が希望する検索条件を入力してしぼりこむこともできます。看護師専門の転職サイトは非公開求人の案件も多いです。サイトに無料登録すれば独自ルートの優良な求人情報もチェックできます。クチコミ情報サイトを利用して生きた声を聞くことも大切です。

2番目の方法は<広告や求人情報雑誌を利用する>ことです。お住まいの地域に限定した求人を探したい場合やインターネット閲覧ができないならば折り込み広告チラシの求人情報や市販の求人情報雑誌で情報収集することも可能です。

こちらの方ではインターネットとは別のルートでの求人が掲載されることもあります。紙媒体ですから慌てる事なくじっくりと検討することができるメリットがあるでしょう。けれども掲載されている求人枠については自分で確認しなければならないのがデメリットです。

3番目の方法は<ハローワークやナースバンクなど公的機関を利用する>ことです。ご近所や地元での仕事を探したいならばハローワークや職業斡旋センターを利用してはどうでしょうか?

ハローワークはインターネットで求人情報を検索できます。けれどもそれは一部で全部を見るには営業所に行く必要があります。お住まいのエリアを担当してるハローワークに一度行くといいです。

4番目の方法は<合同説明会や自分の母校へ出向く>ことです。合同の病院説明会や母校でイベントがあれば参加してみるといいでしょう。看護学校ならば母校出身者で有名病院に勤務している先輩ナースの話を聞ける場合もあります。合同説明会はネットではわかりにくい仕事をしている人たちの雰囲気も感じることができるでしょう。

5番目の方法は<関心がある病院に直接問い合わせる>ことです。連絡をとってみると案外面接をしてくれたりします。確率は低いかもしれませんが、狙っている病院があれば行動をしてみてはどうでしょうか?

看護学校の学費

看護師の国家試験に合格しなければ、看護師になることはできません。そして、高校卒業後に3年間、専門学校や短大などにおいて、看護の勉強をしなければ、国家試験の受験資格がありません。専門学校は、全日制ばかりではなく、定時制のコースが設けられているところもあり、仕事をしながら通うことも可能です。

時間は夕方から夜にかけてなので、昼間のコースより、一日の学習時間が少なくなってしまうので、昼間のコースであれば3年で修了できるところを、4年間かけて学ぶ必要が出てきます。それだけ、看護師になるまでの年数がかかってしまうことにはなります。

各学校によって、学費は異なりますが、看護専門学校に通う場合には、年間でおよそ20万から100万円くらいの学費がかかります。看護専門学校に通う際に気をつけなければならないことは、文部科学省指定の学校かどうか確認することです。

看護師になるための国家試験を受験する資格は、文部科学省指定の看護学校に通った場合のみだからです。学費に気を取られて、看護学校として認定されていない学校に入ってしまったのでは、看護師に必要な医療技術や知識を学ぶことはできても、看護師になることはできませんから、ご注意下さい。

看護の勉強を、看護大学や短大と言った大学と名のついた教育機関に通って学ぶ場合には、年間でおよそ100万から200万円くらいの学費が必要になってきます。私立大学が多いこともあり、専門学校に通う場合に比べて学費が高くなっています。

社会人として働き始めてから、やはり看護師になりたいと、学校に通おうと考えた場合、少なくとも年間100万円くらいの費用がかかると考えておいた方が良いでしょう。現在の仕事を退職して学校に通うのですから、学費ばかりでなく生活費も必要になってきます。

必要な学費が不足する場合には、教育ローンや奨学金を利用することもできます。日本育英会の奨学金もありますし、自治体が主宰する奨学金などもあります。